BLOGS NEXT.
  Diary    Report    OTOLAND WEB SITE    About  
Img_10d4bf4a317dbbcd5b12b00d84871dbe12c60c3c
今日から8/3まで船の上で増員のお仕事です。

Img_c852d34e77ee34f02b1c7349f2442f5661a9ab77
船と言えば水平線から登る朝日です。
この為だけに5:00起き。
「眠いー。でも撮りたいー。」って感じでカメラ構えてます。
Img_4b9f70b750e70bdcd90666a074bfe7a8dfe092e8
そしてそのまま6:30からのラジオ体操に流れていきます。
Img_e2db53720a62b1cb24272568eee32e1e7c2fe49a
ラジオ体操第一を朝日眺めながらやるのも、なかなかオツなもんです。
Img_009d73ae4c061e3718f7054007cf309a9406320c
そしてこの日は、屋久島観光ツアーへ。
お仕事は移動中の船内イベントのみなので停泊中はお仕事がないのです。
Img_4157976efc9757674a343df5363c1c69aa5af0b7
見るもの全てが「もののけ姫」に出てきそうな風景ばかり。
Img_39ab711a0067852ef0da191c4601459b1eae422e
やくしかの登場にみんな足が止まります。
Img_8aacf720bb677dbb37f370521dd3a8a37ec7ac2e
ただ、ただ圧巻の景色がしばらく続きます。
果たして僕の写真で、この感動が伝わるのでしょうか。
Img_e09a283442b603178a44b09642c091b79906aa3f
弱い木、衰えた木を締め上げ養分の苗床にする木。
その木に上に行かせまいと巻きつく木。
そんな光景がそこら中で見られます。

木の中にも弱肉強食があるんでしょうか。
Img_54e2c89f771be73275c57a06bf8c26c1cbda309d
デジタル一眼とフィルム一眼の2台態勢で臨んだので、体力的にかなりしんどかったのですが、そのしんどさの反面、写真欲はどんどん満たされていくので気持ち的には楽でした。
Img_151b1e92bf3a3982b45b584289ba1bc7e7bd26b5
メインビュー、弥生杉です。
樹齢約3000年というから驚きですね。
これを見た時に、ここまでの疲れは「あり」だなと感じました。
弥生杉には、その価値があります。

まさに感動です。
「個人的には今日のギャラいいです。でも会社に入ってるんで無理です。」
って言っちゃうくらいの感動でした。(実際には言っていない)
Img_ef0d406cf2a40577ac3873a1069961c00d3fc191
弥生杉の裏側。
樹高26mもあるんだとか、これだけ離れないとカメラに収まりきれません。
うーん、新しい広角レンズが欲しい。
Img_8ca261540189415f2d98ab680b3c64438bef4c7b
つり橋もあったりで、本当に堪能させてもらいました。
また行きたい!と思える所でした。

EVIの中村さんが羨ましいですね。
Img_bf24cdf743ceac1eac241931805645353f84d85c
最終日。
この日も朝日の為に5:00起きです。
ちなみに前日は1:30頃に作業が終わりましたので、若干寝不足気味です。
Img_fe7c8d5c19ed3a75d7c30721f01ac1ae812ac7cf
ヨガの先生です。
海を見る時もヨガポーズなのでしょうか。
Img_c6084af74e5415b48257b9e61a5446857a39ad4b
僕らの部屋は船尾に1番近い所だったので、時間がある時にはよく外に出てこの景色を見ていました。

水平線に対して真っ直ぐ伸びる船の軌跡が何とも言えず、ボーっと眺めてしまうのです。
理由は分かりませんが、ずーっと眺めてしまいます。
Img_71f8e02cb4887f899a9c3a6fdf4d99ef27d9d29b
こういう感じで、ずーっと眺めてしまうのです。

この方、照明さんなのですが、高校の頃から写真が好きだそうで、屋久島で撮った写真を見せてもらうと、なかなかの腕前。
一眼レフ持ったら凄いだろうなぁ。って思った。

上には上がいるって事ですね。
もっと僕も勉強しなければー。
Img_8b816738bcfa17703eec367913b081ceab9baa13
屋久島から戻ってきた翌日、OFF.
めっちゃ寝たー。朝ごはん食べてまた寝てた。
Img_24743b8261966cf6a98ab726e2483f2aad2f0ecb
暑い日がまだまだ続きます。

最近コンビニでこういう種無し梅をよく買ってしまうのですが、やはり塩分が汗と共に出ていってしまっているのでしょうか。
無性に食べてしまいます。
Img_ef475a96a61d44fb4ffb03a1ad9e8f5503553727
三田祭りの仕込み日でした。
いつも通りのFUNKTION-ONEのSetに見えますが、実はFUNKTION-ONE用のAmpが新しく導入したDIGAM K3 (Click!) に全て入れ替わっています。

仕込みの時に少し聞いてみましたが、Lowが少しタイトになっている印象を受けましたが、かなりキレイに鳴ってくれていました。
特にHi BOxの鳴り!
イイ感じだったー。
Hiエンドまでキレイに伸びていて余裕をもって鳴っています。

今回がAmpを入れ替えてから初めての現場になるので、Amp及びチャンデバの設定を追い込むべく明日の本番に臨みます。
臨むのは徳田さんですが。

僕は、この会場のすぐ裏にあるホール内の現場をこなします!!
Img_9cac4567754cecae13abae1f287152ea1a8c13ef
三田祭り本番日。
グランドとホール、2現場です。

僕は朝からホール内の現場を担当してました。
ホール終わりで裏手のグランド現場に合流すると、キレイな花火が。

Img_457d92c107ad8af4a351ca5918480e3410aa9a0f
ここぞとばかりに裏方の特権を使い、やぐらの上から花火を眺める。
Img_43ac632ff5567194755e99360a845c0e1359e3e2
この、「花火を見ている人を上から見ながら、花火を眺める。」
という景色が何とも言えずイイ眺めでした。
(別に見下ろす感じが気持ち良い。とか言っているのではないですヨ)

たまや~♪
Img_9aed444c0b3dfed5835cb8d06ff06137ab5cd5f3
毎日飲んでるんですけど、コレって体に悪いんかな、、。
 (Click!) でまとめ買いしてます。

安過ぎるんです。
500mlで39円計算ですよ、コレ。
Img_c2254edbc8e291840a533eb796247917831e7402
まさかこんなに過酷な仕込日になろうとは、、。な、高知よさこい祭り仕込日 (Click!) 
今回のよさこい、僕には強力な助っ人が1人付いてくれています。
Img_06bb0baf0362698164ff26cab3da072fdfbf4521
Forest (Click!) の杉江さんです。
なんで杉江さんが?って?
それはOTOLAND BLOGS (Click!) のレポを待って頂きたい!!

あ、車の振動で照明がガタガタっすね、、。
Img_3e4c937fc78dc6110dd79a141c4dbdb88b9a0ec2
やっぱり、高知よさこいには4/8要る。って、確信した本番2日目。
というよりAmp変化が大きく作用しているー!!

Ampの変化??それはOTOLAND BLOGS (Click!) のレポを待って頂きたいッ!!
Img_2849362954db95ea6c255232615ed6cf4e588eda
ポーズがヤンキースタイル。
Img_d4d4a2537a70c521f273bd9fd73747d36e138d43
家の近所で現場。の日は機材車で直入りです。

またしても野外現場、、。
今年は雨が降らないなー。
よさこいは降ったけど。

この日は快晴!!
うー、暑い、、。
かなり暑い、、。

休憩中にこっそりPAテントに扇風機を向けてもこの日は誰も怒らない。
それくらい暑かったんですよ。
Img_246aceebe7a5dc8210dafae98e2f00ba879b5031
OFF.
お盆という事で墓参りに行く。

それ以外は家でゆったり。
空がキレイだったー。
Img_381663309555a4405ce0c74f75982a39bef86e7c
OFFの翌日も家の近所で現場の為、直入り。
なんて楽なんだー!
家から30分っ!!

一昨日に引き続き、住宅展示場での現場でした。

MixerはLS9-16を使っていたので、待ち時間を使ってYAMAHAから発表されたMac版のLS9 Editor V2.1.3を試してみる。

繋がったものの、ドロップダウンリストが正常に表示されないWindowが幾つかあったので勘でやってました。

電話で問い合わせてみると、Mac OS 10.6.4(僕のMac OSがコレ)には対応しているそうなので、ちょっと調べさせて下さい。との事。

Mac版のLS9 Editor V2.1.3でこの症状は初めての報告らしいです。

なんじゃろか。

報告を待つ。
Img_ea0895e8032d126b6858e172e2017e84e6a7aafd
御年60歳にして、とてつもないパッションを発しているアーティストのライブ現場。
てか、その筋肉ー!!
Gtを持つ左腕の筋肉ー!!

肉は食べないらしい。
ストイックとはこういう事を言うのか。
Img_dcfc07893a82abd36b8b87022ff5ce21c423a24b
定評の良いパワーサポートのAPFクリスタルフィルム (Click!) 、貼った瞬間「要らん!!」ってなって剥がしてしまいました。

貼った方が余計に指紋が目立つし、一番の理由は指の滑りが悪い!!
iPhoneには指の滑り具合が重要です。

なぜ重要かと言いますと、iPhoneには「フリック入力」と言う文字入力の方法が有りまして。
説明するより見てもらった方が早いので、↓の動画を見て下さい。

これが「フリック入力」ってやつです。
慣れてくると、このフリック入力で文字を入力をした方が断然早く文字を入力出来ます。

僕もこのフリック入力を覚えてからは、通常の文字入力に比べてかなり早く文字を入力出来る様になりました。
この動画と同等か、ちょっと遅い程度で打てます。

まぁ、「で?」って言われると、それまでなんですけどねー。
何事も早いに越した事はないし、僕はこういう「ショートカット」の部類が大好きなんです。

と、いうわけでiPhoneでフリック入力をする為には指の滑りが重要になってくるわけなんです。
で、先の保護フィルムは個人的にNGだな。と。

少し画像が悪くなりますがアンチグレアフィルム (Click!) ならフィルム面がすべすべで、指の滑り具合いもバッチリですしオススメです。
指紋も殆ど付きませんしね。

ちなみに僕は何も貼らない事にしました。
Img_96f94355fadf7e1fb1ed01e7eb0deed25ca2944c
OTOLAND BBQの日でした。

総勢20数名だったかな?
僕はひたすらジュージュー焼いてました。

気が付けば殆どのお客さんが帰られて、まったりを超えたまったり、「まったりの向こう側」とでも言いましょうか、そんな空間が出来上がっておりました。
Img_14396504ef82b67a338ccae75a04cfba3aefa8c8
OFF.家でゆっくり過ごす。
Img_45322fa66628a0ee02201c9ab847ae5fb74b56d7
保護フィルムを貼る時のコツ。
空気の混入よりも、ホコリの混入を如何に防ぐか。
Img_df4b890758068602b66ee478184bd2a0506c2575
増員現場。

4時に起きたら、ありえない大雨!
天気予報を見てみたら僕の住んでいる地域だけ大雨洪水警報が、、。
恐るべし雨男パワー。
この雨が原因で?大阪の天気予報が雨のち晴れ。になってました。

日が昇る頃にはすっかりやんで、かんかん照りの中での仕事となりました。
こっちの方がよっぽどマシですね。
Img_ad917ca03507cfd02a3671cb29f451f88b8f9bfd
朝日と月が同時に出てた。

やっぱりね、居たら楽だね、バイト君。

今日の現場で再確認。
Img_f8189f1c2a82d6701a829d22cf0e79fa8521e060
事務所が早く終わったので飛行機を見に行く。
車で5分、いい気分転換になります。
Img_696d3df8b6d1b6d8de8887bf4426b52ac3b67ca9
OFF.
いつもの写真屋さんへ行くと必ずこの置物を撮りたくなる。
Img_16d7363a4a26d4f11bc84e272726f25122a3dcc0
待ち時間がLongな現場はCameraでWaitする。
Img_6d5bff897fac9c138abc4f8e96f7d89de44f1a00
ツボの押さえどころが難しい人と対面。

持ち上げてばかりでもダメ、相手の意見を肯定し続けてもダメ、勿論否定してもダメ、なかなか勉強になる。
Img_36792a1a2974528298f701568cc1121cf9e91adc
にっぽんど真ん中祭り (Click!) で2チームの音響を受けています。

左が徳田さん、右が僕の乗る地方車。

時間があったので同じ音源で聴き比べてみる。

音がどうこうと言うよりも、本番中に地方車から降りられない構造に「なんでやねーん(笑)」となっているのは僕だけですか。

ただでさえパレード演舞の回数が少ないのに(1日2回)オペレーターが音聴けないやんー。
やるっきゃないか!!
Img_35d4307ea7124aa76d7d836ef0fc9b7b8a47114b
昨日に引き続き、日本ど真ん中祭り (Click!) です。
というか、今日からが本番。

写真はとある演舞場です。

思わず、
「あの、本当に大きい音出しても大丈夫なんですよね、、。」
と確認してしまいました。

ここまで道幅が狭い演舞場は初めてです。
横幅が狭い分、隊列が伸びているのでMAX気味で出していたのですが、もうちょい音量控えた方が良かったかな。

演舞中にお立ち台から踊り子を見てみましたが、最後列の踊りもバッチリ揃っていたので後ろまで音は届いていると解釈。

明日も頑張ります。
Img_2d24e1f26ad2efdce0b4cd621b6244fc60ae720b
ど祭り最終日。

やはり自分が出している音を自分の耳で聞けないのは、楽しみ半減です、、。

昨日も書きましたが、本番中は地方車からの出入りが一切出来ない状況。
音響スタッフが2人以上いれば1人がオペレーターとして地方車に残り、残りの人間が音を聞きに行く〜。
てな事をしながら調整できるんですけどね。今回は1人ですしね。

でも楽しそうに踊っている学生の姿を見ると、音届いてるな。って分かります。

DIGAM万歳。
Img_507a718cd0f1ba756c406e6a17f34a3e5ac54bcf
現場の打合せwith実行委員会。
あ、なんか不安。って気持ちになっちゃいましたけども、大丈夫だろうかー。
Img_ad942521deea5d9d7f69682714cf7b9cf2d61f9e
新たな「よさこいスタック」を構想しているところ。